other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

《送料無料》日本一の焙煎人がお届けする旬のスペシャルティコーヒーおすすめセット (200g入×2本)

4,700円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー8件

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥4,700

世界中から厳選した旬のスペシャルティコーヒーをご紹介するおすすめセットです。(200g入×2本) <セット内容> ●Ethiopia / Gedeb Gotiti FW Medium roast (エチオピア / ゲデブ ゴチチ ウォッシュド中浅煎り ) 日照の強い11~15時の時間帯は、パーチメントをビニールシートで覆います。これは、パーチメントを護ることと急激な乾燥を防ぐためです。標高が高い上に、赤道直下のこの地域では、日照が強すぎるとチェリーやパーチメントにダメージを与えて、味に濁りが出てしまいます。また、通常の乾燥日数が8日間のところ、12~15日間掛けてゆっくり乾燥を進める(スロードライング)ことで、コーヒー内の水分を均一化させ、複雑でありながらクリーンな味わいを作り出しています。緩やかな乾燥は、消費国での生豆の保存性にも大きな影響を及ぼすことが分かってきました。 乾燥後、脱穀された生豆は、機械選別後、ハンドピックにより選別され、高品質FWコーヒーが完成します。方法はシンプルですが、人の力が品質を大きく左右します。  イルガチェフ地域東側のゲデオゾーンは6つの地区に分れており、その内の一つがゲデブ地区です。首都アディスアベバから434㎞離れ、数年前までは車で8時間近く掛かる僻地でしたが、2016年に開通したエチオ-ケニア道路の開通により所要時間は3時間ほどまでに近くなりました。土地の1/4にコーヒーが植えられる程、エチオピアの中でもコーヒー生産に適した環境が整っている地域です。ゲデブ地区は16の行政区に分かれ、その一つがゴチチです。 Ethiopia最高峰のトップスペシャルティコーヒーをぜひ一度ご賞味ください。 エリア:イルガチェフ地域東側 ゲデオゾーン最南東部 ゲデブ・ゴチチ 水洗工場:ゴチチWS(ウォッシングステーション) 所有者:BNT 標 高:1,900m~2,100m付近の小規模農家も存在 品 種:エチオピア系統品種 プロセス:フリーウォッシュド カッピングノート:jasmine, bergamot, earl grey, juicy MF, lingering ●Colombia / Huila San Agustin AAA Medium roast (コロンビア / ウィラ サンアグスティン AAA 中浅煎り ) 【素晴らしいコーヒーを生み出す奇跡の土地・ウィラ】 コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する世界第三位のコーヒー生産国です。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面しています。コロンビアの地域は、昼夜の温度差が大きく、雨季と乾季のバランスがよく、火山灰を多く含む土壌となっています。これらの条件を満たす絶好の土地が広く続いているため、コロンビアは世界を代表する素晴らしいマイルドコーヒーの産地なのです。 日本の約3倍の面積を有し南北に広がるコロンビアは標高の差が大きく、年間を通してコーヒーの収穫が可能です。コーヒー産地は、大きく区分すると3つの地域(北部・中部・南部)に区分されます。特に南部地域産のコーヒーは綺麗な酸味と程よいコクがあり、柑橘系の甘い香りのマイルドコーヒーとして近年注目されています。カウカ、ナリーニョとならびコロンビア南部地域でもっとも重要なコーヒー産地がウィラです。 コロンビアには国土を縦断し南の端から北のカリブ海にまで流れ込む、全長1,540kmのマグダレナ川があります。そのマグダレナ川がアンデス山脈から流れ出す源流の山岳地帯の谷に位置するウィラ地域は、素晴らしいコーヒーを生み出す奇跡の土地と言われています。この地域には、火山灰による肥沃な土地が点在し、山間の谷が年間を通して安定した気候を維持し、コーヒーの生育に完璧な環境を作り出しています。 【石彫刻の遺跡とコーヒーの村・サンアグスティン】 コロンビアの南西部、アンデス山脈の谷間にあるサンアグスティン村は、世界遺産にも登録されている南米でも最大規模の石彫刻の遺跡群(サンアグスティン遺跡公園)で世界的に有名です。この遺跡は現在、墓地のみが残るだけになってしまいましたが歴史的なトピックです。 この地はアンデス山脈が3つに分岐する部分に位置し、肥沃な土壌に恵まれた場所で、北のカリブ海まで延びるマクダレナ川と、アマゾン川につながり大西洋まで延びているカケタ川の2本の川に挟まれており、交易の要衝ともいえる場所だったそうです。火山灰による肥沃な土地や豊富な水源など、サンアグスティン村は非常にコーヒー栽培に適しています。 特筆すべきは、北緯1.5と赤道付近にありながら標高が高いため1日の中の寒暖差が激しいことです。この厳しい環境が、種子であるコーヒー豆を守ろうと果実の糖度の熟成を助成し、コーヒー豆にたっぷりと栄養を与えます。高地で育まれたテロワール(育てる環境の土壌・気候・地勢に由来する風味)は、ウィラ・サンアグスティンらしいフレーバーが溢れています。 7ヘクタールに満たない家族運営の小規模生産者が多いことも、この地域の特徴です。小規模生産者だから出来る行き届いた丁寧な栽培や精製が、素晴らしい高品質なコーヒー豆の生産に繋がっています。 エリア:ウィラ サンアグスティン地区 生産者:サンアグスティン協会加盟の97の小規模生産者 標 高:1,600m~1,900m 品 種:カツーラ種主体(約90%)、コロンビア種(約10%) プロセス:ウォッシュド カッピングノート:スウィートオレンジ、ピーチ、ホワイトワイン、ジュニパーベリー、ブラウンシュガー、ラウンドマウスフィール 一期一会のコーヒーをお楽しみくださいね。 ※生豆の在庫状況により、予告なく、セット内容が変わる場合がございます。 ※本州、四国、九州へは送料無料でお届けいたします。 北海道、沖縄へのお届けの場合、別途送料550円を頂戴いたします。

セール中のアイテム